【トップ記事】自己紹介&歴代レート

 

初めまして。閲覧ありがとうございます。

ふぇう という名前でポケモンシングルレートをやっています。

Twitter:@feu_poke

 ポケモンというゲームは10年以上前、幼い頃からプレイしていました。

ORAS終盤からレートの数字を意識して潜り始めました。

 

 最終 (最高)

ORAS

 S16 1774 (1902)

 S17 1708 (1957)

【SM】

 S1  2006 (2006)

 S2  2005 (2005)

 S3  2012&1848(2012&1988)

 S4  1912&1744(1999&1952)

 S5  2003&1838(2011&1947)

 

 

【SMシングルレート シーズン5】最強双牙リザマンダ 【最高2011最終2003】

閲覧ありがとうございます。

S5お疲れ様でした。

レート2000達成することが出来たので記事に残します。良成績というわけではありませんが目を通していただけると幸いです。

 

<並び>

f:id:feu_poke:20170912071710p:plain

 

<コンセプト>

ミミッキュキノガッサマンムーで荒らしてリザードンボーマンダカプ・テテフを通す。

 

<構成>

f:id:feu_poke:20170516202716g:plain

ボーマンダ@対応メガストーン

性格:陽気  特性:威嚇→スカイスキン

実数値:181-192-151-X-111-182

努力値:(84-212-4-X-4-204)

技構成:捨て身タックル/身代わり/竜の舞/地震

最強の物理の牙(竜)。威嚇を入れたメガメタグロスの冷凍パンチ+バレットパンチ耐えジャローダ抜き。メタグロスヒードランに対しての有効打として地震を採用。また陽気では火力不足と感じたためメインウェポンは捨て身タックルを採用した。

 

f:id:feu_poke:20170912160401g:plain

マンムー@バンジの実

性格:陽気 特性:厚い脂肪

実数値:185-177-100-X-86-145

努力値:(X-212-X-X-44-252)

技構成:地震/氷柱針/氷の礫/叩き落とす

最強の双牙(マンムー)。初手に来やすいガッサミミッキュに滅法強く、指数受けに対して叩き落とすが刺さる。臆病カプ・コケコの草結び耐え。初手の出し勝ちのアドが大きいが、多少クセが強いので初手に上からワンパンされないように気をつけながら選出した。

キノガッサ...上から氷柱針3発で倒す。2発止まりでもマッハパンチ以外を選ばれてなければ次の礫で倒せる。マッハパンチでバンジの実が発動する。

ミミッキュ...Z技でバンジの実が発動し、次のじゃれつく影打ちを耐えるので氷柱針+地震(+氷の礫)で倒す。

対指数受け...呼ぶクレセ、カグヤ、ポリ2に対して叩き落すが刺さる。輝石、食べ残し、ゴツメ等を叩き落とすことで裏で見やすくなる。

 

f:id:feu_poke:20170912160547g:plain

リザードン@対応メガストーン

性格:控えめ 特性:猛火→日照り

実数値:173-111-115-211-136-135 ※めざ氷固体なので王冠必須

努力値:(156-X-132-100-4-116)

技構成:火炎放射/ソーラービーム/ニトロチャージ/目覚めるパワー氷

最強の特殊の牙(竜)。パーティー全体が鋼タイプに対して重いので焼き払うため、またミミガッサと選出した際に相性が良いので採用した炎枠。終盤霊Zミミッキュが増えたが、妖Zミミッキュが多かったのでニトチャの起点にできた。バシャーモと違いボーマンダにもある程度強く、妖半減なのが魅力的。1度ニトチャを積んでしまえば試合が終了することが多々あった。

 

f:id:feu_poke:20170912162104g:plain

カプ・テテフ@拘りスカーフ

性格:控えめ 特性:サイコメイカー

実数値:147-X-103-200-136-138

努力値:(12-X-60-252-4-180)

技構成:サイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/寝言

キノガッサの胞子やカバルドンの欠伸ループを誤魔化すため寝言を採用したスカーフテテフ。

 

f:id:feu_poke:20170912162348g:plain

キノガッサ@気合の襷

性格:陽気 特性:テクニシャン

実数値:135-175-107-X-81-134

努力値:(X-204-52-X-X-252)

技構成:タネマシンガン/マッハパンチ/岩石封じ/キノコの胞子

キノガッサミラー意識のキノガッサ。選出には注意が必要だが無難に強かった。今シーズン個体数が多かったので対策されていることが多く扱いには注意が必要だったが刺されば初手からでも襷を潰されないようにすればラス1でも強かった。

 

f:id:feu_poke:20170718040109g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

性格:控えめ  特性:化けの皮

実数値:149-X-101-112-127-128

努力値:(148-X-4-252-12-92)

技構成:シャドーボール/呪い/身代わり/痛み分け

メタグロスに対する殺意の結果生まれたミミッキュ。 最終日2日前までABミミッキュを使っていたが、やはりメタグロスが重く、強めにしたリザードンボーマンダだけでは全然対策しきれてないと感じたので変更した。アイヘ怯みの運ゲを制し葬り去る。リザorマンダ+特殊ミミッキュグロス対策出来ているかは怪しいがグロス軸に対する勝率は良くなった。副産物として受け出しに来たエアームドやヤドラン等の物理受けポケモンやリフレクターから入ってくるカプ・コケコや鬼火ゲンガー等、物理前提とした立ち回りをしてくるポケモンに致命傷を与えた。身代わりがイカサマを耐えるためにA0にしているので、有効打がないポリゴン2に対して呪い痛み分け誤魔化せた。

 

<成績>

TN Code:Nemesis

最高レート2011 最終レート2003

f:id:feu_poke:20170912162914j:plain

f:id:feu_poke:20170912163047j:plain

メインROMは溶かしたので省略します。

対戦してくださった方々ありがとうございました。

 

 

 

<後語り>  ※以降、構築記事にあまり関係ない話です。

今期は特に構築が定まらず、闇雲に過去に使った構築やQRで潜っていただけでしたが、知り合いの方から構築を貰えたので中盤から最終日まで少しだけ変更しつつ使用しました。

とりあえず7世代で2000に乗り損ねた前期の最高レート1999がとても悔しかったのですが、今期はを嬉しく思います。

今期も2100に乗れなかったことは、やはり実力不足を感じざるを得ませんが、最終日に我が家に、むくれねこさん、ぬまうお、あおい、おるんが来てくれて励ましてくれたおかげで、2000に乗った後も朝まで潜り続けることが出来たと思います。本当に感謝しています。実は初めて2000乗った後に潜り続けたのですが、とても楽しかったです。

今期はむくれねこさんが総合1位、ぬまうおが総合1ページ目、あおいが7世代初のシングル2000達成、おるんが1日でダブルを400近くあげる等、我が家に来てくれた各々が良成績を残せたり頑張ったり、とても嬉しく楽しい最終日を送ることができました。

またジェットさんやEleanorさん(仮名)をはじめとする、S5開始直後から相談に乗って頂いたり、応援してくれたり、構築案をくださった方々も本当にありがとうございました。

次シーズンがSM最後のシーズンですが、USMを楽しみにしつつ精一杯頑張りましょう。

 

 

 

 

 

【SMシングルレート シーズン4】メガポイズンリレー【最高1999】

閲覧ありがとうございます。

S4お疲れ様でした。

今期の終盤には勝てなくなりレートを溶かして解散しましたが、序・中盤といくつかのオフで使用し結構強かったなと感じたので、メモとしてでも記事に残したいと思います。今回も他人様の構築をベースに組んで見たものですが、自分の組んだ構築の補完では納得いくものが無く、常に試行錯誤していました。正直最高レートを出した時、勝ててた時も欠陥があったと思います。試行錯誤した補完の並びも書き少し長めの記事かもしれませんが、目を通して頂けると嬉しいです。

<構築経緯>

メガバシャーモを使いたいというところから始め、S3終了後に様々な構築記事を漁っていく中でGOLDEN DARKNESSさんの記事を見つけた。個人的に自分のやりたい事をして勝っていく構築が好きなのでとても使ってみたいと思った。素早さや耐久面からバシャーモをメガにすれば強いのでは?と思い(参考構築の当時はメガ未解禁)補完枠は自分なりに考えてみた。

改悪!メガポイズンリレーと言ったところである。

GOLDEN DARKNESSさんの記事↓(許可を取っていないので問題があれば消します。)

pisker.hatenablog.com

 

<並び①>※最高レート時

f:id:feu_poke:20170718033922p:plain

<成績>

SMシングルレート シーズン4 中盤1999

第35回京大カップ         予選7-0  本戦0-1※

※当時はメガバシャーモが未解禁だったので炎Zバシャーモで使用した。

真皇杯関西予選①       予選5-5

f:id:feu_poke:20170718035404j:plainf:id:feu_poke:20170718035512j:plain

マッチング画面でボヤけたので対戦画面のもの。

 

<大体のコンセプト>

GOLDEN DARKNESSさんの記事にある通り選出は、ほとんど同じでペンドラーから始動し、毒ボルトで荒らして、ラス1で詰める。

最高レートを出した時の並びでの選出は

1:ペンドラー+ボルトロス+バシャーモ

2:ペンドラー+ボルトロス+ミミッキュ

3:ペンドラー+バシャーモ+ミミッキュ

対受けル:ペンドラー+ミミッキュ+ボーマンダ

ジャローダは出しません。

 

<構成>

f:id:feu_poke:20170718040002g:plain

ペンドラー@気合の襷

性格:陽気 特性:加速

137-123-137-x-90-180 (12-20-220-0-4-252)

地震/毒々/毒菱/我武者羅

調整はGOLDEN DARKNESSさんのもの。襷で行動保障を持たせ、ほぼ確実に毒々+毒菱と毒菱パの始動を遂行する。相手が一度でも隙を見せれば我武者羅で削ることも可能であり、指数受けポケモンにも無理やりな削りを入れることができる。また6世代での教え技かつペンドラー自体あまり見かけないので知られておらず活躍する場面が多かった。構築の並びにジャロバシャマンダと並べる事で、影分身バトンの対策として、初手から出てくるカプ・コケコ、滅びゲンガーを1加速で2ターン目に上をとりながら地震で処理できる。処理した後も相手の後続に先制技等が無い限り我武者羅でほぼ機能停止に持ち込むことが可能。

相手の初手に鋼タイプや先制技持ち高火力のポケモンペンドラーに大きなダメージを与えてこない耐久ポケモンが来ると厳しかった。(ハッサムギルガルドメタグロステッカグヤミミッキュアシレーヌゲッコウガ...etc)

不利対面は、とりあえず毒菱を撒きあわよくば我武者羅で削りを入れてから後続で処理をしてポイズンリレーを始めた。

 

f:id:feu_poke:20170718040049g:plain

バシャーモ@対応メガストーン

性格:陽気 特性:加速→加速

フレアドライブ/飛び膝蹴り/守る/身代わり

175-193-100-x-100-167 (156-102-x-x-x-252) ※メガ時

守るでテテフの超Z耐えまでHに振った最速メガバシャーモ。炎Zより瞬間的火力は劣るが、常にある程度の火力と素早さと耐久面があるのでメガで運用した。苦手な相手も毒菱を踏ませれば守ると身代わりでスリップダメージを入れ圏内に持ち込んだ。


f:id:feu_poke:20170718040052g:plain

ボルトロス@食べ残し

性格:図太い 特性:悪戯心

10万ボルト/毒々/守る/身代わり

181-x-128-145-111-131 (212-x-212-x-84-x)

調整はGOLDEN DARKNESSさんのもの。構築で重いテッカグヤボーマンダ等の積みエースストッパーで毒菱パに必須のポケモンギャラドスに毒々を打ってはいけない。

初手テッカグヤが来て身代わりを残されペンドラーが毒菱を撒くだけで退場しても、身代わりが テッカグヤの火炎放射、ヘビーボンバーを耐えるため後投げが間に合う。

今シーズンはカバルドンが多かったので少し厳しい試合が多かった。

 

f:id:feu_poke:20170718040104g:plain

ボーマンダ@対応メガストーン

性格:意地っ張り 特性:威嚇→スカイスキン

171-216-150-126-110-172 (4-252-x-x-x-252)

恩返し/火炎放射/竜の舞/身代わり

S3で使用した小学生マンダ。主に受けループとドヒドイデフシギバナ入り等に出し、た。初手ペンドラーから毒菱を撒いて入ればマンダの起点を残したままペンドラーが退場することがほとんどなので、そこから全抜きを狙う。

 

f:id:feu_poke:20170718040109g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

性格:陽気 特性:化けの皮

 131-142-100-x-125-162 (4-252-x-x-x-252)

ゴーストZ最速ミミッキュ。最初は意地っ張りで使っていたがラス1ミラーで負ける事が多かったので最速にした。火力不足が心配されるが耐えられても毒のダメージと影打ちで処理できたので、あまり問題なかった。ペンドラーが我武者羅で相手をHP1にして退場したところに、ボルトロスでは上を取れないので後投げして影打ちでトドメをさすことが出来た。その場合ボルトロスが裏に残るので不利対面が生じた時にボルトロスを後投げする。もしくは鋼の場合はバシャーモが裏に居るので出来るだけ負荷をかけてから退場した。

 

f:id:feu_poke:20170718040256g:plain

ジャローダ@拘りスカーフ

性格:臆病 特性:天邪鬼

リーフストーム/目覚めるパワー地面/竜の波動/蛇睨み

50-×-115-127-116-181 (x-x-x-252-4-252)

地雷枠兼飾り枠。ジャロバシャマンダと並べる事で相手に影分身バトンを警戒させ、初手から最速ボーマンダ、カプ・コケコ、滅びゲンガーを誘い、また初手カプ・レヒレカバルドンを牽制した(つもり)。選出はしなかったが、あわよくばラス1スカーフリフストで全抜きする可能性も加味して、このような構成になった。

 

 

<並び②>

④⑤⑥枠目をコロコロ変えて潜っていた。

f:id:feu_poke:20170718040002g:plain    

 ② f:id:feu_poke:20170718040052g:plain       

f:id:feu_poke:20170718040049g:plain

f:id:feu_poke:20170516202716g:plainor   f:id:feu_poke:20170718203354g:plain

⑤     f:id:feu_poke:20170718040109g:plain        or     f:id:feu_poke:20170718195327g:plain 

⑥   f:id:feu_poke:20170718194901g:plain            or     f:id:feu_poke:20170516220416g:plain

 

 

<構成>

 

f:id:feu_poke:20170718203354g:plain

ゲッコウガ@命の珠

性格:臆病 特性:変幻自在

悪の波動/冷凍ビーム/草結び/目覚めるパワー炎

148-x-87-155-91-191 (4-x-x-252-x-252)

重いカバルドンボーマンダクレセリアメタグロスを嫌って投入した。目覚めるパワー炎は対ナットレイ。気合の襷を持たせたかったがペンドラーに取られているため命の珠で火力を上げエースとして運用した。

 

f:id:feu_poke:20170718195327g:plain

ギルガルド@ゴーストZ

性格:控えめ 特性:バトルスイッチ

シャドーボール/影打ち/キングシールド/毒々

167-63-170-112-170-80 (252-4-x-252-x-x) ※シールドフォルム時

ペンドラーを無理やり出すようにしていたが、明らかに出しにくい構築やクレセリアに対して強いと思い採用した。あまりにZを持っていることが浸透しているポケモンなので、ポリゴン2等のノーマルタイプに引かれた際の有効打として毒々。またZ+影打ちで一体処理した後に毒を入れて、守る身代わり要員に繋いだりした。

 

 

f:id:feu_poke:20170516220416g:plain

カビゴン@バンジの

性格:意地っ張り 特性:食いしん坊

254-145-117-x-142-51 (148-12-252-x-92-4)

恩返し/炎のパンチ/呪い/リサイクル

調整はこちら 

p-q-poke.hatenablog.com

テッカグヤハッサムカミツルギへの有効打として地震を炎のパンチに変更している。

ペンドラーで毒々+毒菱で退場した後、ボルトロスを出し1体処理した後、ボルトロスに出てくる浮いているポケモンに対して毒々を入れた際に、ボルトロスが相手に処理されれば、猛毒状態のポケモンvsカビゴン対面が出来、カビゴンが積んでいるだけで相手を処理でき、積み終わったカビゴンvs相手のラス1ができる。相手が補助技を選べばそのままボルトロスの守る身代わり毒ハメで処理できる。

単体性能が非常に高いので、相手が毒状態というデメリットがある状態では積みながら回復しているだけで相手が削れていき滅法強かった。

 

 

f:id:feu_poke:20170718194901g:plain

ポリゴン2@進化の輝石

性格:図太い 特性:アナライズ

191-x-156-125-117-80 (244-x-252-x-12-x-)

イカサマ/冷凍ビーム/10万ボルト/自己再生

ペンドラーが退場した後に出したバシャーモボーマンダの起点にされゲームセットすることが多かく、重いメタグロスボーマンダ等にカビゴンより安定して後投げできるので採用した。ミミッキュをイカサマで処理するために特性はアナライズにしている。

 

 

<後語り>

今シーズンで増えたカバルドンとそれに対してのカプ・レヒレが多く少し向かい風だったと感じた。それらに対して様々な補完枠を試したが勝ちきれることがなくシーズンが終了してしまった。SMになってから3期連続で2000に乗ってきてS4は2100を目指そうと意気込んでいたが悔しい結果となり、S5はもっと頑張ろうと誓った。

参考にした構築がとても良い成績だというのに私の成績が良くなかったことは、間違いなく私の実力不足である。ペンドラー+ボルトロスの並びは間違いなく強かった。

 

<謝辞>

途中からペンドラー軸毒菱パを一緒に使ってくれて、補完枠の相談に乗ってくれたGU君ありがとうございました。

 

 

【SMシングルレート S3】ランドカビゲン【最高最終2012】

閲覧ありがとうございます。

S3お疲れ様でした。

今期は終盤になってから構築を何度も変更した中で2000を達成したものを、この記事で変更点を掲載し変更するまで2ROM1950↑まで上げることが出来た構築のリンクを下に載せておきたいと思います。回りくどいですが目を通していただけると幸いです。

 

feupoke.hatenablog.com

 

<並び>

f:id:feu_poke:20170516212548j:plain

 

<結果>

TN:ふぇう 最高最終2012

 

<大体のコンセプト>

使っていたサイクルが攻めきれず通用しない、催眠が結構刺さっていると感じたため変更した。ランドロスでステロを撒き、カビゴンの欠伸で起点を作り、ゲンガーorボーマンダで制圧する。S2のシータさんの記事を参考にしました。

 

<構成>

f:id:feu_poke:20170516213231g:plain

ゲンガー@対応メガストーン

性格:臆病  特性:呪われボディ→影踏み

149-x-80-169-95-178 (108-x-x-148-x-252)

祟り目/ヘドロウェーブ/催眠術/身代わり

ステロ欠伸から起点を作ってから身代わりを張り制圧する。

ステロ+ヘドウェでリザードンを倒すことができる。

ランドロスに毒々を、ミミッキュに呪いを覚えさせているので指数受けは、身代わりで猛毒、呪いダメを稼いでから圏内に押し込んだ。

 

f:id:feu_poke:20170516201947g:plain

ミミッキュ@フェアリーZ

性格:陽気  特性:化けの皮

131-142-100-x-125-162 (4-252-x-x-x-252)

じゃれつく/呪い/身代わり/痛み分け

いつも使っているミミッキュである。

ナットレイグライオン、その他指数受けや受けループ等低速を崩す。仕事した後に裏に繋ぐために採用。初手から有利対面Zぶっぱで引き先に受けられても仕事ができ強いと思った。

 

f:id:feu_poke:20170516215349g:plain

ランドロス@気合の襷

性格:陽気  特性:威嚇

165-197-110-x-100-157 (4-252-x-x-x-252)

ステルスロック/岩石封じ/地震/毒々

途中までHDランドロスを使っていたがワンパンされ、仕事できずにカビゴンが腐ることが何度か有り、ステロが流行っているため襷枠を採用していなかったが、9割初手からしか出さないのでほぼ確実に行動ができる襷ASに変更した。

S2で使っていたランドロスは、有利対面を取り相手が引いた場合にステロを撒いた後、腐り気味な場面が多かったので呼ぶポリ2やカビゴン指数受けを崩すために毒々を搭載した。また受けループに対してもステロ+毒々で最低限の仕事をした後に先述のミミッキュ+後述のボーマンダで変更前の構築より強く対処できたと思う。

 

f:id:feu_poke:20170516220416g:plain

カビゴン@バンジの実

性格:腕白 特性:食いしん坊

262-130-126-x-138-50 (212-x-236-x-60-50)

ヘビーボンバー/欠伸/吹き飛ばし/リサイクル

無効されることがなくミミッキュ、カプテテフに対して処理性能があるヘビーボンバーワンウェポンである。

ランドロスステルスロックを撒いた後に欠伸で流すのが基本だが、指数受けに毒々を入れた後にゲンガーを後出しして処理した後も、持ち前の高耐久と木の実による行動保障でクッションにした後も仕事をすることが出来た。

 

f:id:feu_poke:20170516202716g:plain

ボーマンダ@対応メガストーン

性格:意地っ張り 特性:威嚇→スカイスキン

171-216-150-126-110-172 (4-252-x-x-x-252)

恩返し/火炎放射/竜の舞/身代わり

構築変更前と同じボーマンダなので省略する。

 

f:id:feu_poke:20170516203528g:plain

テッカグヤ@食べ残し

性格:控えめ 特性:ビーストブースト

204-x-95-124-144-142-89 (252-x-4-28-164-60)

ボーマンダ同様、構築変更前と同じなので省略する。

 

<後語り>

最終日になって一時は17台まで溶かすという失態を犯したが、深夜4時頃にS3初の2000台まで上げれたことは嬉しく思うが、前シーズンで2000達成後も2100以上を目指し、潜るという目標を掲げておきながら達成できず、1回2000乗せるだけでシーズン全て使い果たしたことにひたすら未熟さを感じた。

 

【SMシングルレート S3 中、終盤使用】カバカグヤサイクル【2ROM最高1988&1950】

改めてまして、 閲覧ありがとうございます。

あまり良い結果ではないのでシンプルに記載します。

 

<並び>

f:id:feu_poke:20170516193135j:plain

<結果>

最終日前半まで使用

TN:ふぇう    最高1950 PT変更後、最終2012

SMシングルレート シーズン3 最高最終2012 - Not lose if you win

サブロム 最高1988 最終1848

f:id:feu_poke:20170516193824j:plainf:id:feu_poke:20170516193810j:plain

サブROMで盛大に溶かしたのでメインROMで構築を変更しつつ潜り始め、画像の並びが変わっている。

 

<大体のコンセプト>

コケコのZで相手の頭数を減らしカバとカグヤでサイクルを回すか、

カバとカグヤでサイクルを回してからコケコorマンダを通して詰める。

 

<構成>

f:id:feu_poke:20170516194612g:plain

カバルドン@オボンの実

性格:慎重 特性:砂起こし

215-132-139-x-136-67 (252-x-4-x-252-x)

地震/ステルスロック/欠伸/吹き飛ばし

リザードンが流行っていると思ったので採用したステロ枠兼ボーマンダの起点作り要員である。

 

シュカの実を持つカプ・コケコが一定数存在したのでオボン込みで2耐えするように、リザードンの前で突っ張れるようにHDオボンにした。シュカコケコを考慮して初手でコケコと対面した際は地震から入る。

 

f:id:feu_poke:20170516194513g:plain

ガルーラ@対応メガストーン

性格:陽気 特性:早起き→親子愛

181-177-120-x-120-167 (4-252-x-x-x-252)

猫騙し/捨て身タックル/炎のパンチ/岩石封じ

コケコを通し辛い時に選出した。ナットレイテッカグヤに対しての有効打として炎のパンチを、ボーマンダギャラドスパルシェンの積み阻害として岩石封じを採用した。

途中カバリザに殺意を込めてHC猫/冷ビ/岩封/放射を使っていたが、選出がまとまらない、レヒレ、アシレ等に対して弱かったので元に戻した。

 

f:id:feu_poke:20170516200222g:plain

 

カプ・コケコ@電気Z

性格:臆病 特性:エレキフィールド

145-x-106-147-95-200 (x-x-x-252-x-252)※王冠使用

10万ボルト/目覚めるパワー(氷)/草結び/瞑想

エース枠①である。行動を一貫させるため初手有利対面は電気Zを即決していた。

ポリゴン2に対して何とか殴り合えるよう瞑想を採用しているが、対面ではDLの場合Cが上昇し、エレキフィールド下なのでカグヤに引くことも良くなく明確な回答ではないが、何とかなっていた。

初手に出した場合、地面タイプと対面すればカグヤに即引きし、カグヤに不利なポケモンと対面すればカバを出すサイクルを回していく選出が多かった。相手のポケモンが圏内に入った時に押し込むように草結び、めざ氷を採用した。

初手有利対面電気Zするプレイングを通していたが、自分のプレイングに疑心暗鬼になりメタグロスにめざ氷を、テッカグヤに草結びを撃ったりなどプレイングが一貫しなくなったのが、レートを溶かした要因だと思う。

 

f:id:feu_poke:20170516201947g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

性格:意地っ張り 特性:化けの皮

131-127-100-x-125-162 (4-252-x-x-x-252)

シャドークロー/じゃれつく/影打ち/剣の舞

特筆することのないテンプレである。

相手が地面枠+レボルト等2体以上コケコが止まる時はZ枠にミミッキュを選出した。

 

f:id:feu_poke:20170516202716g:plain

ボーマンダ@対応メガストーン

性格:意地っ張り 特性:威嚇→スカイスキン

171-216-150-126-110-172 (4-252-x-x-x-252)

恩返し/火炎放射/竜の舞/身代わり

さいく氏考案の技構成小学生マンダである。

コケコと別枠のエース②兼受けループを対策のコマとして活躍した。

実際受けループに負けることが無かったので、受けループをマッチングした時は笑顔でこのボーマンダを選出した。

ラッキーの反動を嫌い恩返しを、エアームドに対して炎の牙では間に合わないので火炎放射を採用している。ほとんどヤドランの枠がドヒドイデになっており、ドヒドイデに身代わりを割られないので黒い霧があるのでやや起点にしつつ殴り勝てる。

 

f:id:feu_poke:20170516203528g:plain

テッカグヤ@食べ残し

性格:控えめ 特性:ビーストブースト

204-x-95-124-144-142-89 (252-x-4-28-164-60)

エアスラッシュ/宿り木の種/身代わり/守る

身代わりの反動+エアスラで155~91バシャーも最低乱数以外で落とす。

身代わりが地球投げで壊れない。

C200テテフの10万ボルトを1回守って食べ残し2回で最高乱数以外耐える。

余りをSに振った。

 

 

【SMシングルレート S2】呪い鈍いカビスタン【最高最終2005 】

 

閲覧ありがとうございます。

シーズン2お疲れさまでした。

参考構築です。細かい調整や構成はこちらの方が詳しく記載されているので、ぜひ閲覧して欲しい。

シーズン2使用構築 最終2142 最高2190 - Indignant Divinity

 <並び>

f:id:feu_poke:20170321110238j:plain

<コンセプト>

ランドでステロを撒くか呪いミミッキュで相手の1体を持っていきゲンガーorカミツルギ高速アタッカーで制圧し対面性能の高いカビゴンで詰める。

 

<構成>

f:id:feu_poke:20170516213231g:plain

ゲンガー@対応メガ石

性格:臆病

特性:呪われボディ→影踏み

149-x-80-169-95-178 (108-x-x-148-x-252)

祟り目/ヘドロウェーブ/鬼火/身代わり

ミミッキュで呪った相手に出し、相手が居座れば影踏みでキャッチし呪いの定数ダメで削り圏内に入れて処理し、交代されれば身代わりが残る動きが強かった。

 

f:id:feu_poke:20170516201947g:plain

ミミッキュ@妖Z 

性格:陽気

特性:化けの皮

131-142-100-x-125-162 (4-252-x-x-x-252)

じゃれつく/呪い/身代わり/痛み分け

選出率2位

 

f:id:feu_poke:20170518231236g:plain

カプ・レヒレ@イアの実

性格:図太い

特性:ミストメイカー

175-x-181-115-150-109 (236-x-240-x-x-32)

自然の怒り/ムーンフォース/潮水/挑発

重いパルシェンマンムーバシャーモ、ポリゴン2に強いので採用した。ミストフィールドカビゴンにキツい毒が入らない恩恵もあった。選出はかなり少なかったが、キツい相手が多い構築の時はとても活躍してくれた。

選出率6位

 

f:id:feu_poke:20170516215349g:plain

ランドロス@気合の襷

性格:陽気

特性:威嚇

165-197-110-x-100-157 (4-252-x-x-x-252)

ステルスロック/岩石封じ/地震/蜻蛉返り

エアームドカバルドンガブリアス等、様々なステロ要員を使ったが電気無効、威嚇、蜻蛉返りでサイクルを回せるが一番しっくりきたので、最終的にランドロスで落ち着いた。ステロ展開のルートが見えたら選出した。最終日に採用したので配分は6世代のまま。間違いなく調整した方が強い。

選出率4位

 

f:id:feu_poke:20170518231127g:plain

カミツルギ@悪Z

性格:陽気

特性:ビーストブースト

149-211-152-x-65-170 (116-76-4-x-108-204)

リーフブレード/聖なる剣/辻斬り/剣の舞

受けル、カバリザ、ガルクレセ軸の崩しとしては頻繁に選出した。

刺さるとめっぽい強いが上から特殊で叩かれるとすぐ倒れるので、そこらへんを考慮して選出した。

選出率5位

 

f:id:feu_poke:20170516220416g:plain

カビゴン@バンジの実

性格:意地っ張り

特性:食いしん坊

254-145-117-x-142-51 (148-12-252-x-92-4)

恩返し/炎のパンチ/呪い/リサイクル

調整はこちら 

p-q-poke.hatenablog.com

テッカグヤハッサムカミツルギ対面がキツかったので地震を炎のパンチに変更した。ヒードランに対して打点がなくなるので地震が欲しいと思うことも少なくはなかった。

選出率1位。

 

最終/最高 2005

 

<後語り>

SM2期連続2000台達成できたことを嬉しく思う。もう少し上を目指したかったが、このレートで終了。納得と後悔が半々といったところである。早く2000を目標ではなく通過点にしたい。

 

 <スペシャルサンクス>

今期もさいくをはじめとした、励ましてくれたり、相談に乗ってくれたり、共に戦ってくれた皆さんには感謝です。本当にありがとうございました。

 



【SMシングルレート S1】アローラ式対面構築【最終2006】

 

シーズン1お疲れ様でした。

 

序盤は電気玉ガブ+ゴーリ軸で1800付近まで上げた。

その後は友人であるさいく氏から構築を頂き初めてのレート2000を達成することができた。彼には感謝しても感謝しきれない。

私から特に言及することは何もないので是非、本人の構築記事に目を通して欲しい。

シーズン1使用構築 レート2114 54位 - Indignant Divinity

f:id:feu_poke:20170310235815j:plain

 

初めての2000達成を非常に嬉しく思う反面、貰いものの構築と立ち回りで自分の実力不足を感じられずにはいられなかった。しかし初心者がいきなりオリジナリティに走っても勝てるわけがなく、模範に沿うことで基本を知ることが大切という言葉を頂いたので、焦らずに徐々に精進していこうと思った。